EVENT

イベント


Brainway 主催講座(1)

第2期 Brainway - 天元共同ミニ勉強会

「脳を創る」から考える

脳活用ミニ勉強会

― 記憶・価値・主観 ―

普段の生活とは少し違った視点で考えることで脳の疲れをリフレッシュしましょう!
「脳を創り育てる」という見方を皆さんと実践するミニ勉強会です。

詳細

予定 2024年6月13日(木)午後7時~8時半頃 「自由と責任」
2024年7月11日(木)午後7時~8時半頃 「データと推定」
(テーマは変わることがあります。また状況によっては中止になる場合があります。
お問い合わせください。)
場所 中野坂上駅A1出口徒歩1分(詳細はお問い合わせいただいた後にお知らせします。)
参加費 一般 ¥3,300/回(税込み)
学生 ¥1,100/回(税込み)
(会場利用のために初回のみ利用登録料が¥300かかります。)
参加方法メールにてお問い合わせの上ご参加下さい。 お問い合わせ先はこちら
内容 自然界の仕組みについて現代科学でわかっていることはほとんどありません。
その現状の中で、脳を創るという視点から考えられる脳の機能や
各テーマについて皆さんと考えます。
皆さんと一緒に考察することがこの勉強会の目的です。
テーマは参加される方からの希望をお受けいたします。
過去のテーマ:「香りと記憶」「知覚と認識」「教育と学び」「思い込みと主観」
「記憶と価値」「記憶の発達」「疲れと睡眠」「老化」「客観という神話」
「競争の効果」「身体を測る」「社会人としての学び」「現代科学と客観」
「認知と予測」「言葉」「宗教と科学」「意識と自由意志」「測定とデータの解釈」
「可視化の功罪」「脳をだますー錯覚」「視覚の老化」「視覚」「嗜好性」
「免疫」「道徳」「循環器系」「地球温暖化仮説」「末梢神経系」「迷走神経」
「自由と記憶-学びの意味」「連想記憶」「思考実験」「観察」「数学の利用」
「思想」「気づきの仕組み」「自分を創る」「先祖」「データを読む」「同じと違い」
「制御」「情動」「論語と算盤」「魔法使いの弟子」「修養」「初等量子力学序説」
「シンギュラリティ-ルールベース処理と寛容」「遠野物語」「伝承」「仮説」
「時間感覚」「現代AIの実体と虚構」「気づきの仕組み」「最新VR体験」
「気づきと配慮」「BMIと生き物の尊厳」「フレイル」「歩行と機械」
「味と記憶」「メタバース」「虚学と実学」「Edwin A.Abbott Flatland」
「Pupilometry」など。
≪ 戻る

Brainway 主催講座(2)

脳覚45講座

― 記憶・認知・判断を鍛える45段階トレーニング ―

記憶・認知・判断をそれぞれ15段階、計45段階の個々のペースで進めるワークプログラムです。
XRにご興味のある希望者にはXRの体験もできます。

「脳覚45講座」のご案内チラシは こちら

詳細

開催日 第一第二第三日曜日午後4時から5時
体験説明会は開催日において随時行っています。
予約サイトからご確認ください。
場所 JR本八幡駅南口徒歩2分
いちかわ情報プラザ 3階 「ワークスペース305」
市川市南八幡4-2-5
定員 1枠4名まで。
参加費 一般 ¥5,500/回(税込み)
初回は説明体験会 ¥4,400(税込み)です。
XR体験は¥1,000/10分です。
(チケット利用割引、紹介割引等各種割引をご用意しております。)
参加方法予約サイトよりご予約の上ご参加ください。
PCからの予約はこちら
スマートフォンからはこちら
内容 認識や判断の元である記憶を日常生活でより多く使える状態にし、
認識できる量を増やすためのワークです。
45段階の「記憶課題」「認知課題」「判断課題」のワークを参加者個々のペースで行います。
続けて行うことで日常生活での多様な細かい変化も捉え予測能を向上します。
(予測は自分の頭の中での予測で実際に起るかどうかは別問題です。)
結果として日常生活のストレスを減らし、寛容を増やします。
人材という人をモノとして扱う現社会の考え方を再考し、
自分と周囲への配慮を重んじる「和」を尊ぶ、
生き物としての責任をもつ人へ成長することを目的としたプログラムです。

不定期で第4日曜日に講座参加者限定で「香り探し散歩(Heuristic puttering)」を
実施しています。
「Heuristic puttering」イベントのチラシはこちらです。
4月28日の谷根千散策は終了しました。ご参加下さった皆様ありがとうございました。
次回は6月23日を予定しています。(場所は御茶ノ水駅から日比谷公園付近まで6km程度)
参加費¥3,300(税込み、メモ帳等を含みます。)
脳覚45講座を受講されていない方も参加できます。
詳細および参加希望の方はこちらからご連絡ください。
≪ 戻る